エバーホワイト




かつては東京のある会で表彰されるほど優秀だった正文は落ちぶれようとしていた。
そんな時彼は肉体労働に従事している長谷川さんと出会う。
二人の共同生活が始まると、正文は長谷川さんの心と体がクスリに侵されていることを知る。
正文は長谷川さんを救うために自分もクスリを飲むことにした。



『エバーホワイト』はもう読んだよという方はこちらもどうぞ

コメント

このブログの人気の投稿

生存回路

生存回路 試し読み

ターンワールド